字は丁寧に

キレイな字にこしたことはないけれど、上手い下手よりも丁寧に書くことが大切。丁寧に書くことによって、仕事に真面目に取り組む姿勢のアピールになるのでは。最近はパソコンで作る人もいるけれど、まだまだ手書きがベター。丁寧にココロを込めて書きましょう。

写真にも注意

写真も字と同様、真剣さが伝わる部分。スピード写真よりも、写真屋さんのほうがキレイに撮れるのでオススメ。万が一はがれても大丈夫なように、写真の裏に名前を書いておけば安心です。プリクラやスナップ写真の切り抜きは絶対NG。

省略厳禁

「:」や「同上」は避けるべき。学校名、サロン名も法人名(法人名=会社名。会社化されていたら必ず書こう。)などから正式名で書くのが常識。住所は住んでいるマンション名、部屋番号000号室など、略さず最後まで書こう。
例)□□高等学校・株式会社○○○ Hair Salon Beauty-Egg

省略厳禁、画像 間違ったら書き直そう!これ絶対

記入を間違っても修正液は使っちゃダメ。新しく書き直すのがルールです。「少しぐらい何てことない」って思ったら、大間違いです!!こういった基本的なルールの違反は、せっかく面接で好印象でも大きくポイントを落とす可能性あり。誤字脱字のないよう、何度も見直しをすることも忘れずに。

出来るだけ空欄がないようにしっかり書こう。空欄が多いといい加減な印象を与えることになるかも。それに何といってもせっかく自分をアピールできる部分なのにもったいない!自分の言葉でしっかりと、間違っても見本の丸写しなんてしないように。


page topへ